スペシャルティコーヒー専門自家焙煎店

インドネシア スラウェシ島 トラジャ ミナンガ 中煎り(シティロースト)

インドネシア スラウェシ島 トラジャ ミナンガ 中煎り(シティロースト)

販売価格: 900円~3,600円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

サイズ:
豆or粉:
数量:

商品詳細

200gで10%OFF
500gで20%OFF

中煎り(シティロースト)

\900/100g
\1620/200g
\3600/500g
\1300/ドリップ(12gx10ケ一袋)
\1700/ドリップ個包装(12gx10ケ)

 

クリーンカップの王様!

ハーブ系のアロマ

まろやかなボディ

キレのよい余韻。

 

伝統的なオールドトラジャ、
(18世紀から栽培が続く品種)

サパン村はそんな

オールドトラジャが残る数少ない産地。

状態の良いものを探すのが

とても難しい産地でもあります。

幻と呼ばれるトラジャの中でも

さらに幻とされるコーヒーです。

 

 

トラジャコーヒーは、

インドネシア・スラウェシ島、

トラジャ地区で栽培される

アラビカ種コーヒーです。

トラジャでのコーヒー栽培は

1850年代にまで遡ります。

インドネシアは

原産地エチオピア・イエメン以外で

はじめて大規模なコーヒー農園の

開発が行われた場所。

17世紀にジャワ島にオランダ人が

コーヒープランテーションを

作ったのがその始まりです。

 

この時に栽培されていた品種が

ジャワティピカと呼ばれる品種。

(後にこのコーヒーの子孫が
インド洋から喜望峰を回り
ヨーロッパの植物園へ、
その後、大西洋を越えて
カリブ海に伝わり、中南米の
コーヒーの祖先となります。
ブルマンは直系の子孫です)

 

ジャワ島のコーヒー栽培は

隆盛を極めますが、

19世紀中頃にサビ病の影響で

壊滅的な減産を強いられます。

(サビ病とはコーヒーの天敵と
される伝染病です。)

このジャワ島での大減産を受け

代替栽培地の一つになったのが

このスラウェシ島トラジャ地区です。

(ちなみに、スマトラ島トバ湖周辺も
同様の代替地として選ばれた場所で
マンデリンコーヒーの故郷として
今も知られる名産地です。)

栽培環境がコーヒーに大変適していたため

トラジャ地区のコーヒーはすぐに

世界的な名声を得ることになります。

当時は数百ポンド/kgで売買されていた!!
(当時のレートでですよ!!)

ということで、ヨーロッパでも一部の

王侯貴族や大商人しか飲めない

超高級品だったようです。
(現代のゲイシャ種も真っ青な高級品です)

 

高級コーヒーの一大産地として

知られるようになったことで、

1890年代には近隣の部族と

土地とコーヒーの所有をかけた

戦争が起きたことまであります。

トラジャコーヒーは現地では

別名「コピ・ぺラング」と呼ばれます。

コピは「コーヒー」

ぺラングは「戦争」を意味します。

戦争を引き起こすほど

魅力的なコーヒーだったわけです!

 

その後、20世紀半ばなると

トラジャは再び戦争に翻弄されます。

第二次世界大戦の影響で、

オランダが現地を離れたこともあり

トラジャ地区のコーヒーは

ほぼ途絶えることになってしまいます。

 

そして時代は流れ、1970年代、

日本のキーコーヒーさんがこの地を訪れ、

トラジャコーヒーの復活に尽力されます。

そして数十年ぶりにトラジャコーヒーが

コーヒー市場に復活を遂げました!!

コーヒー業界では有名な復活劇です。

 

ただ、

現在流通しているトラジャコーヒーは

その多くが復活後移植されたもので、

グァテマラのティピカ種の系統です。
(これも元を辿ればジャワティピカに
行きつく品種ではありますが。。。)

古くからのジャワティピカ種は

サパン、ミナンガ、プルプルなど

一部の高地にしか残っていません。 

 

他の写真